格安サーバーの目的別の正しい選び方

格安サーバーの目的別の正しい選び方

ドメインを他のドメイン会社に移動させる手順

ドメインを他のドメイン会社に移動させる必要性がどこにあるのか?
というよりも、サーバーとドメインは、同じ会社でしょう?とか言ってると、損しますよ?

ドメインは、あなたのサーバーの場所を指し示すためのお札っていうのかな?
サーバーは、実際にデータを置く場所。

つまり、ドメインの指し示す場所を変えると、そのドメインの内容が(データ類)が入ってる場所を変えることができる。
x000

多くのサーバー運営会社は、ドメイン管理会社も兼ねているというだけです。

ドメイン管理費は、ドメイン管理会社の一存

ドメインの管理費は、ドメイン管理会社の一存で決められます。
ドメインの管理費は、ドメイン管理会社でまちまちです。
こちらのページにも書きましたけど⇒格安ドメイン

ドメインの管理の仕方は、ドメインの管理会社ではなく、ドメインを発行しているところがあり、そこが示す管理の仕方(ルール)にのっとって管理しなければいけないのですが、価格は、ドメイン管理会社それぞれってことです。

さらに、いうと使い勝手は、サーバー管理会社によってまちまちです。

例えば、サブドメイン(ドメインに追加の名前を付けて同じサーバー内の別の場所を示せるドメイン)の数が限られていたりします。

サクラサーバーは、5個だっけかな?(サーバーの仕様は、時々変わるので)
サブドメインで、沢山管理したいけどサクラサーバーではだめ。しかも、サクラのドメイン管理費は高いし。。。

そういうとき、ドメインをサクラではなくて、例えば、みんなのドメインに移管すれば、安いうえにサブドメインの数も増やせる(サーバーの仕様による)ということになります。

が、ドメインの移管って敷居が高い。(気がするだけ)


ドメインの他のドメイン管理会社へ移管する


手順は、簡単です。

.com や .info 、.biz などといった gTLD に分類されるものの場合。

1、現在のドメイン管理会社へ、「レジストリロックの解除(簡単に移動できないように普通はロックがかかってる)」と「オースコード(ドメインにつけられた引っ越すときの鍵)の発行(発行というより教えてだな)」をお願いします。

この方法は、ドメイン管理会社によってまちまちです。サーバーを解約しないといけないだとか、メールしないといけないだとか、いろいろ。で、移管させたくないのは当たり前ですが、わかりにくい。

ですが、ほぼ確実にドメイン管理会社のサイトにこの方法が記載されています。

2、オースコード(AuthCode)の書かれたメールが届きます。
これが、英文だったり、日本語だったりするのでわかりにくい要因でもある。

3、オースコード(AuthCode) が入手できてレジストリを解除してもらったら、ドメインの移管を新しいドメイン管理会社へお願いします。

4、ドメインの移管を申請すると(オースコードを新しいドメイン管理会社へ渡す)、移管してもいい?ってメールが届きます。
これも英文だったりするし、第一送られてくる先がドメイン管理会社からだったり、ドメイン管理団体だったりするのでややこしい。

いずれにしても、そのメールにあるURLをクリックして「OK]としてあげればいい。
このメールに気が付かずにいるといつまでもドメインの移管が終わりません。

例えば、こんなメールが来ます。これは、サクラからみんなのドメインに移管申請したときに来た移管確認のメールです。
タイトル:Domain Transfer Request for SHARAKUJAPAN.COM
STANDARDIZED FORM OF AUTHORIZATION

DOMAIN NAME TRANSFER – Initial Authorization for Registrar Transfer

Attention: SAKURA Internet
Re: Transfer of SHARAKUJAPAN.COM

eNom, Inc. has received a request from MINNANO CO (Minnano Corporation.) on 20 Dec 2015 to become the new registrar of record.

You have received this message because you are listed as the Registered Name Holder or Administrative contact for this domain name in the WHOIS database.

Please read the following important information about transferring your domain name:

* You must agree to enter into a new Registration Agreement with us. You can review the full terms and conditions of the Agreement at
< URL >

* Once you have entered into the Agreement, the transfer will take place within five (5) calendar days unless the current registrar of record denies the request.

* Once a transfer takes place, you will not be able to transfer to another registrar for 60 days, apart from a transfer back to the original registrar, in cases where both registrars so agree or where a decision in the dispute resolution process so directs.

If you WISH TO PROCEED with the transfer, you must respond to this message by using the following URL (note if you do not respond by 27 Dec 2015, SHARAKUJAPAN.COM will not be transferred to us):
< URL >
YOU MUST CLICK THIS LINK TO CONTINUE THE TRANSFER PROCESS

If you DO NOT WANT the transfer to proceed, then don’t respond to this message.

If you have any questions about this process, please contact supamuwaikenaikotodesuf10280104@minnano-mail.com.
サクラからみんなのドメインに移管してくれって来てるけどいいのか?よかったらこのURLをクリックしてOKサインを出してくれ。

ってことですね。お名前ドットコムだったかな?あそこは日本語できますね。

ドメイン移管が済むまで待ちます

前述のメールで、引っ越しの申請確かにしましたよって返事をしたら、あとは、待ちです。
数日かかります。

通常は、管理画面で移管状況を表示してくれています。
2015y12m22d_061802193
みんなのドメインの管理画面の移管状況。

これが終了すると、ドメインの管理画面にドメインが表示されるようになりますから、あとはDNSを設定して移管作業は、おしまい。
2015y12m22d_063106741


DNS の書き換え

ドメインの移管が済むと、新しいドメイン管理会社の操作パネルにドメインが表示されるようになります。

(2~3日まって音沙汰なかったら新しいドメイン管理会社へ問い合わせてください。
これ結構・・・レオサーバーとか、サポートが変わってから「わすれてる」場合があります。)

そのドメインの指し示す場所を切り替えます。

サーバーごとに場所が決まっているので、そのサーバーのDNS(というものと記憶してOK)を新しいドメイン管理会社のドメイン管理画面で書き込みます。

2015y12m22d_063349755
みんなのドメインのDNSの変更画面
※外部のDNS=ドメイン会社の管理しているサーバーではない場所という意味。逆に内部DNSは、ドメイン管理会社のサーバーということになります。

DNSは、サーバーごとにつけられている名前で、サーバーの操作画面に掲載されているか、見つけられなければ、サーバー管理会社に問いあわせてみてください。(掲載されてないサーバーは、今まで出会ったことがないので、まず間違いなく掲載されています)

DNSは、基本的にプライマリーとセカンダリーがあります。(もっと多い場合もある)
プライマリーとセカンダリーの2つのDNSを設定すればオッケーです。

書き換えが終わってから、速ければ、数時間、遅ければ3日ほど?で切り替わります。
切り替わるまでは、前のドメイン管理会社の値が有効になっているので、隙間はありません。


ドメイン管理会社が変わるとメールとか大丈夫?

全然問題ありません。ドメインを管理している会社が変わっただけなのでメールもサイトもそのままです。

ただし、サーバーも一緒に変更すると、メールのPOP3、SMTPが変わりますし、データも新しいサーバーへ引っ越さないといけません。

データベースとか使っている場合、結構手間がかかります⇒3分で終わるワードプレスのお引っ越し、ドメインのお引っ越し


サーバー引っ越しの時のメールアドレス

1、メールは、まず、新しいサーバーの管理画面で必要なメールアドレスを登録しておきます。

2、メーラーに前の(移管前に済ませておく)もの、新しいサーバーのものを2つセットしておきます。

どちらかが必ずエラーになりますけど、引っ越しが終わるまでの話、我慢してください。

新しい方の設定でメールが受信できるようになったら、前のアドレスは、メーラーから削除してください。


って、いつのまにか、サーバー引っ越しの話になってるし(^^;

いずれにしても、引っ越さなくていいように、長く使えるドメイン管理会社とサーバー運営会社を選びたいものです。

おすすめは、
ドメイン管理会社→みんなのドメイン
サーバー運営会社→エックスサーバー

なぜ、みんなのドメインがいいか。みんなのドメインってクレジット支払ってやるとPaypalでの支払になるんですね。これ、スゲー便利。

それに安いし。ドメインの管理会社って中味的には、ドメイン提供の団体の指示に従って作業を代行するところなので、どこを使っても同じ。そんなら安い方がいいって考え方。ただし、ドメイン管理会社=サーバー運営会社としておくとDNSとか悩まなくていいってメリットもあるけど、原理がわかってしまえば、安い方がいい(笑)

サーバーは、なぜエックスサーバーなのか。信頼実績。サイズ、サポート、どれをとっても秀逸とまではいわないけど、「悪くない」。

ただ、エックスサーバーは、telnet を使えない。(telnetを使えるとC言語とかも使えるしperl のコマンドラインも使える。なので開発者はサクラサーバー1つは必須?w 管理人は、telnet に putty を使っています)

telnet は、
コマンドラインベースでサーバーを操作できるようにする機能ですが、普通の方は使わないでしょう・・・

じゃあ、なぜ管理人が telnet にこだわるかといえば、大量にファイルを削除する場合。
FTPで削除すると数時間かかるのですが、telnet でコマンドライン操作をすると一瞬で終わる。1秒もかからない

サーバー内での数十万本のファイルの移動も一瞬。FTPでやるとダウンロードで数日。アップロードで数日。

いや、そういう場面を作らなければいいんですけどね。管理人ところでは、商売柄どうしてもそういう場面が出てしまう(笑)