格安サーバーの目的別の正しい選び方

格安サーバーの目的別の正しい選び方
格安サーバーの目的別の正しい選び方 > レオサーバー > レオサーバーは、もう絶対使ってはいけない。

レオサーバーは、もう絶対使ってはいけない。

レオサーバーを使っているのなら、できれば引っ越しするのが正解です。

というのは・・・


レオサーバーを使ってはいけない理由


トラブルの発生しそうなサーバーバージョンアップ作業を勝手に行って知らんぷりのサポート

PHPのバージョンを勝手にあげといて、それから元のバージョンにもどしたらしくソースがいかれたりしてた。

もちろん、その通知は一切なかった。


おかげでワードプレスが何個か動かなくなっていた。

こっちで調べて復旧しろって?


お金を出して借りてるわけだから、勝手に中を触るのはご法度でしょう? 常識だよね?

アパートの大家さんが勝手に部屋に入って、いろいろ触っていくのと同じ行為

それをやるのが今のレオサーバーのサポート。


レオに設定してあるブログを全部チェックしないとまずそう。


勝手にサーバー内のファイルをバックアップ無しで書き換えるサポート

さらに先日は、 .htaccess を書き換えられた。

書き換えた理由は、「不正アクセスのアタックが頻発したのでIPではじくようにしました。」

いや、それうちはツールでやってるし。

しかも、IPでロックしたら、うちみたいにツールでやっていない人は、ログインのたびにIPを .htaccess に書き込まないといけないじゃん。

さらにさ、そういうときは、オリジナルをバックアップしておくじゃん?

バックアップ無しでいきなり書き換えてあった

わけわかめになったツール用のパラメータがどうなってたか不明。

これも復旧作業させられた。


レオサーバーを使うと、放置して稼げるはずが、放置しておけないブログになる

常時ログインして、サイト表示を確認しなければいけなくなる。


なので、レオサーバーを検討している方は、当分やめたほうがいい。

現在のサポートが退職して別の人間がサポートするまでは、使っちゃダメだね。


そういうことなので、現在レオサーバーを使っている人は、できれば、引っ越した方がいいと思います。

うちは、数が多いので、現在引っ越しをどうしようか検討中です。


PS.PERLも原因不明で動かないコマンドが多いですが対応してくれません。

たぶんサポートの技術力がないのだと思います。

ps2.データベースもどんなにサイズが小さくても接続不良が頻発します。

レオサーバーのサポートに連絡をいれてもサイズがどうだのいろいろ言い訳してきますが、

インストールしたての記事がはいっていないワードプレスでも同じ現象がちょくちょく出ます。

ps3.原因不明ですが、Javascriptも動かないコマンドがあるようです。


レオサーバーでなければどこがいいのか


無限サーバー

同じようになにからなにまで無制限に使えるサーバーということならば、 無限サーバーがいいです。

ただし、無限サーバーは、CRONが使えませんので、自動実行のツールなどを使うには向いていません。

価格的にも安くていいですが、データベース接続エラーがたまぁ~~~~に、ほんとたまぁ~~~にでます。

あとサポートへの問い合わせのレスポンスが結構遅い感じ。土日の問い合わせは翌月曜日以降になります。

無限サーバー

エックスサーバー

データベースに上限がありますが、安定してつかえるのは、 エックスサーバーですね。

ドメイン、サブドメインが無制限につかえます。

ただし、レオサーバーの場合、サブドメインは、フォルダーを作るだけで設定終了ととてもお手軽なのですが、 エックスサーバーは、いちいち設定しないとサブドメインを認識しません。

まぁ、若干の作業手間が発生しますけど、ワードプレスを壊されるレオサーバーより、データベース接続も安定しています。

価格的には若干高めですけど、安心して使えるということを考慮するとエックスサーバーはいいですね。

1つのデータベースにワードプレスとアクセス解析を設定するようにして、1つのエックスサーバーで50サイト、もしくは、1つのデータベースに2サイト分をいれて100サイトを1つのサーバーにおさめるという感覚で使うとベストですね。

ワードプレス以外にもHTMLサイトであれば、いくらでもいけます。

HTMLサイトならば、容量も気にならないしね?

エックスサーバー