格安サーバーの目的別の正しい選び方

格安サーバーの目的別の正しい選び方

簡単じゃないssl。暗号保護 url の https でのアクセス

簡単に SSL でアクセスできるようにしたいとか、安全をアピールするのに https でアクセスできるようにしたいとか、管理人の商売柄そのように言いだすリアルのお客様がいらっしゃいます。

そもそも SSL って、https ってなんだろう?

簡単に書いてみます。(そのため正確には、違うけど、こんな感じで覚えておくといいという内容になってます)


安全なデータ通信をするための ssl , https



SSLってのは、セキュリティ・ソケット・レイヤーの略で、通信手順のこと。

HTTPも通信手順を表してる。

通常URLは、HTTPで始まるけど、これは、HTTPって手順でサーバーからデータを持ってきますよって意味。
HTTPは、通常の平文通信と考えるといい。

そんで、SSLっては、HTTPSで始まるURLで、サーバーとのデータのやり取りに暗号をかけて通信しますよって意味。

つーのは、ネット上に流れてるHTTPでの通信は、平文なので(要するにはがきで通信してる感じ)パクろうと思えばパクれる。実際K国がらみのLINEなどではパクっていることが暴露されてるよね?
(LINEを使うな、LINE使うなら個人情報、極秘情報を流すな)

名前や住所や暗証番号なんかもそうね。カード決済の番号とかもあるね。そういうものを保護したいときにSSLを使います。(もっとも、今現在もSSLにも穴があるってことで騒がれてますけどw やろうと思えばいくらでも悪いことできますわいな。)

なので、暗号をかけて簡単にわからないようにしてサーバーとやりとりする方法があるわけだ。それがSSL。
SSLは、HTTPSで始まるURLになる。(ハイパー何とかかんとかセキュリティの略)
だから、銀行とか機密性の高いデータをやり取りするサイトはHTTPSで始まるURLになってる。








共有SSLと専用SLL


安全さをアピールするためにHTTPSでとかSSLでとか言うけどさ、SSLには、共有SLLと専用SSLってのがある。

サーバーを変えられなくなる共有SSL


共有SSLってのは、そのサーバーのURLをお借りする方法で、HTTPSより後ろがサーバーごとに決まってる。
ってことは、サーバーを引っ越すときURLが変わるってことね?

サーバー付ドメインなんかと同じ。サクラサーバーなどは、http://アカウント.sakura.ne.jp/ ってURLを無料で使えるけど(ほとんどのサーバーがこういったURLを無償提供している。というのは、URLがなければサーバーの意味がないから、必ずアクセスできるURLを附与するようになてる)、サーバーをサクラから無限サーバーに変えようとすると当然http://アカウント.sakura.ne.jp/ は使えなくなる。

共有SLLも同じことで、例えば無限サーバーの共有SSLのURLは、 http://アカウントサーバー番号など.mbsrv.net/~アカウントとなる。 mbsrv.net ってのが無限サーバーのURLだ。

そすっとサーバー引っ越しができなくなる・・・いや、そのURLを捨てればいいんだけどね。ネットにおいてURLは資産。検索エンジンに認知されたり、ブックマークしてもらったりしてるわけで、簡単には捨てられない。

で、さらにどこのサーバーを使っているかばれる。別にばれてもなんの問題もないけど、なんかね?(笑)


独自ドメインと同じように専用SLLを使う


一方専用SSLでは、独自ドメインなどと同じで、年額支払で「SSL証明書」っての発行してもらうことになるけど、専用のURLが使えるようになる。

例えば、https://yuzumaru.info/ とか。


じゃあ、SSL証明書ってのはどうやって発行してもらうのか?ってことね。
書類なんかを送らないといけなくなったりする。

暗号送受信だけのことなので、たぶん、そんなものは必要ないんだろうけどネットもただじゃやってけないってことで、威厳を持たせるために書類を送らせるんだろうけど(笑)

この価格が実は不透明だ
無限での専用SSLの価格は、格安ってしか出てなくていくらかかるのか問い合わせないとわからない。

そんで、グローバルサインってところだと、書類不要(な?ホントは必要ないんじゃない?って思うべ?w)で、SSLの証明書維持費が年間で24800円。

それなりに維持費がかかるってことだね。

まだ、全然売れていないうちからそういうものにお金をかけるか?
いや、書けるべきなんだけどね。そういうことを知ってから https でアクセスできるようにして!とか言ってほしい。

つーのは、お金かかりますけど?証明書発行のうちでの作業手数料もいただきますけど?

数万単位で考えてくださいつーと、「う~ん、じゃあ、やめるか。」とか簡単に言うなー!wwww