格安サーバーの目的別の正しい選び方

格安サーバーの目的別の正しい選び方

アフィリエイトレンタルサーバー比較 正しい選び方

アフィリエイトレンタルサーバー比較しました。必要に迫られて。
正しい選び方は、レンタルサーバーのサイトに出していないデータを読み取らないといいサーバーに出会えないってこと。

このサイトのような(笑)、アフィリエイト目的のサイトの情報は「売り目線」の物が多く、実際につかっているかどうかもあやしい。単にレンタルサーバーのページから売りとなる特徴をピックアップしてサイトにしているサイトが多いのも事実。

もちろん、実際に自分が使っていてどうなのか評価しているサイトもありますので(このサイトのようにw)そういったサイトの情報をベースにアフィリエイトに限らずレンタルサーバーを比較するのが正解です。

ある程度候補が決まった時点で、実際に「無料のお試し」を申し込んで使ってみることが大事です。
この時、自分が何を必要としているかピックアップして「無料お試し」期間中にそれを確認してください。

アフィリエイトレンタルサーバーに必要な機能

アフィリエイトレンタルサーバーに必要とされる機能は、アフィリエイトの種類によっても異なります。

ブログアフィリエイトで求められるアフィリエイトレンタルサーバーの機能


ブログアフィリエイトといってもパワー型、キュレーション型などありますが、要するにブログがセットアップできればいいわけです。

ブログアフィリエイトの場合、多くはワードプレスなどのCMSツールを使うことになると思います。
そうなるとサーバーの容量よりもデータベースのパワーを確認しないといけなくなります。

レンタルサーバーのサーバー容量

1つのサーバーに複数のブログを立てる場合、MySQLを利用できる個数
さらにそのサーバーのデータベースのデータがどこに保管されるか
「データベースのホストアドレス」が「localhost」になる場合、借りているサーバーと同じ場所にデータベースが作られますので、サーバーの容量が無視できなくなります。

画像を多用する予定がある場合もサーバー容量が多い方が助かります。
さらにワードプレスの場合、PHPのバージョンがものすごく関係してきます。


レンタルサーバーのPHPのバージョン切り替え機能

ワードプレスもPHPもものすごい勢いでバージョンアップが行われます。
そのとき、はいよはいよとバージョンアップにつきあっていくと使っているテーマやプラグインなどがそのバージョンについていっていないとワードプレスのサイトが表示されなくなるといった問題を起こします。

仮にバックアップを取っていても、サーバーのPHPのバージョンが昔のバージョンに戻せなければ復元できません。

この時点で さくらインターネットなどは、ブログアフィリエイトサーバーとしては不適格となります。


レンタルサーバーのサポート

次にサポートですが、例えば ロリポップの場合、安全性を考慮して何かしらのトラブルの疑いがあると、即座にユーザーのサーバーを停止、または、サイトを閉鎖させてしまいます。

サーバーにとって安心、安全ではありますが、例えば平日作業のできない週末アフィリエイターにとっては1週間の空白期間が出てしまいます。


無料SSL


SSLとは、URLの最初が https:// になるタイプのURLを設定できることです。
SSLの具体的な話は割愛しますが、https:// タイプでないとSEO的に不利に(どこまで不利かわからないけど)なるといわれています。

無料SSL使用可能と書かれたサーバーでも、実際に使ってみるとドメインの前にそのサーバーの名前が出てしまうサーバーも少なくありません。

その筆頭がレオサーバーの無料SSLです。http://~.自分のドメイン/ といったURLになってしまいます。

基本は、http://ドメイン でも https://ドメイン でもアクセスできるタイプのSSLです。




ぺらサイトアフィリエイトで求められるアフィリエイトレンタルサーバーの機能


ぺらサイトアフィリエイトで求められるレンタルサーバーの機能はさほど多くありません。

マルチドメイン無制限


マルチドメインとは、1つのサーバーに複数のドメインを無制限に設置できるという意味です。
サーバーによっては、ドメインの個数が限定されていたり(サクラサーバーは、プランによって異なりますが数十個になります)すると1サイト1ドメイン型のぺらサイトではガンガンとページを作っていくことができません。


ぺらサイト型アフィリエイトで使うレンタルサーバーの容量


画像を多用する場合を除き、ぺらサイトの場合、1サイトにさほど容量は必要になりません。
異様にサーバー容量の少ない(いまどきありませんが、5Gとかwww)サーバー以外は、候補となります。


ワードプレスなどのCMSを使ったぺらサイトに必要なレンタルサーバーの機能


ぺらサイトですから、ワードプレスなどを利用するのはどうかと思いますが・・・
必要な機能としてはブログアフィリエイトと同じ機能を考えないといけなくなります。

ぺらサイト型は、サクサクと数を稼ぐことで成り立つ方法ですから、ワードプレスは使わない方がいいですね。

無料ブログに比べアカウント停止などのリスクはほぼありませんが、サーバー閉鎖などのリスクは常に起こります。

その時ワードプレスにしておくと「サーバーの引っ越し」にものすごい時間がかかることになります。


無料SSL

前述のとおり、URLのSSL化はSEO的に必須事項になってきました。

そのためSEOで集客するぺらサイト型アフィリエイトでは、SSL化は必須です。

通常SSLは、お金を出して使用するサービスです。
つまり、お金がかかってしまううえに毎年更新しないといけません。
メリットはベリサインのバナー(安全ですよ宣言)を使える程度のことです。
(実際SSLは、暗号化通信なので有料でも無料でも同じこと)

なので、無料SSLを提供しているサーバーが必須になります。
※URLが変わってしまうSSLサーバーは除外




PPCアフィリエイトで求められるアフィリエイトレンタルサーバーの機能


PPCアフィリエイトの場合、ワードプレスなどのCMSを利用すると手間がかかりません。

そうなると1つのドメインで十分なので、PPCアフィリエイトで求められるレンタルサーバーはブログアフィリエイトと同じ機能となります。


アフィリエイターに必要なレンタルサーバーで求められる機能


特定のアフィリエイト手法のいくつかでレンタルサーバーに求められる機能を説明しましたけど、実際問題稼ぎ出したアフィリエイターは、1つの手法で済まなくなります。

そのため、トータルな意味でサーバーを選ばないといけなくなってきます。

以下、その場合必要となるレンタルサーバーの機能です。
・サーバー容量
・データベース(MYSQL)の数
・データベース(MUSQL)の位置
・マルチドメイン
・無料SSL(ドメイン名が変わらないタイプ)
・PHPのバージョン切り替え
・表示速度(SDD)
・転送課金(50G以上か無料)
・サポート体制
・価格

個人的メモ


・CRON(プログラムの自動実行)の数
・PERLでのデータベースアクセス
・SSHかTELNETの使用
・速度




アフィリエイトレンタルサーバー比較 正しい選び方まとめ


これらのことを考慮して、現在利用できるサーバーを比較してみました。
アフィリエイトレンタルサーバー比較

同ジャンル・関連ページ

レンタルサーバー比較 正しい選び方