格安サーバーの目的別の正しい選び方

格安サーバーの目的別の正しい選び方
格安サーバーの目的別の正しい選び方 > エックスサーバー > エックスサーバーは、複数のワードプレスを設定して使うのがお得

エックスサーバーは、複数のワードプレスを設定して使うのがお得

サーバー名:エックスサーバー
運営会社:エックスサーバー株式会社

エックスサーバーの安定性とメリットについて

xserverエックスサーバーの安定性は、さすがに、この業界古株といった感じです。

エックスサーバーの諸元を見ても、わかるように、過不足なし。しかも、再販可能(といっても5個までだけど)。
サーバー、回線ともにとても安定したサーバーです。

容量も必要十分以上、これでなんの不足があるというのか?!という感じです。

エックスサーバーにドメインを設定する場合は、エックスサーバーそのもののネームサーバーを使うこともできますし、外部のネームサーバーを使うこともできます。

管理人的には、外部のネームサーバーを使うのが安心なのですが、そこは好き好きですが、いずれにしてもサイトを1つだけエックスサーバーに設置するのはもったいないです。

複数のドメインを設定して、それぞれにワードプレスをインストールして使うのが、エックスサーバーをコスパよく使い倒すポイントです。

が、エックスサーバーには、ちょっとした問題が・・・それは、まぁ、他のサーバーでもあることなんですが、FTPで大量のファイルをアップロードしたとき止まることやアップロードし損ねることが結構頻発します。(ロリポップサーバーでも結構多発します)

特にフリーのFFFTPは有りがちです。FFFTP+WIN8以降だと、もう・・・
FTPソフトは有料のもの(NEXTFTPなど)を使うようにすると、この点は、いくらか改善されます。

ワードプレスを手動でインストールしようとしたり、大きめのCGIシステムや、データなどをアップロードする場面が多い時には、気を付けてご使用ください。

うまくいったとおもっても、2~3度上書き、もしくは、サイズが異なる場合再送といったオプションをチェックして再アップロードすることをお勧めいたします。

エックスサーバーのメリットは、これだけ必要十分な機能と仕様をもって、なおかつ、この価格
確かに、格安サーバーと比べると若干高めですが、マルチドメインを無制限でサポートしているので、ドメインをいくつか設定して使うのが便利でしょう。

また、多くのサーバーが嫌っているメルマガ配信を堂々と受けて立つって感じです。
1,500通/時間 15,000通/日 の配信量ならば、個人、個人事業者、中小企業、通常のアフィリエイターならば十分な配信数です。
15000メールアドレスを集める方が辛そうです(笑)

それ以上になるならば、もう有料のメルマガ配信サイトを利用してもいけるぐらい稼げるでしょうから。

エックスサーバーの問題点は、2つ。
・FTPで、つまづくことがある。
 大量のデータをアップロードするときには、何度も上書きアップロードをするようにする。
・操作パネルがわかりにくい。
 使う機能をひとつづつ覚えていく。

です。



エックスサーバーの料金/費用

逆に、エックスサーバーの持つ仕様を全部使わないという意味で、コストパフォーマンスは、悪いのかもしれません。
でも、余裕があることにこしたことはありませんよね?

格安サーバーとしてみたら、高めの印象ですが、まともに使うサーバーとしては、ごくごく普通の料金です。

激安、格安サーバーの怖さは、ある日突然、閉鎖されてしまうことです。
そういう意味でも、エックスサーバーは、固定客もつかんでおり、そういった心配がない料金体系ともいえるのではないでしょうか?

管理人は、いくつかのサーバーを使っていますが、サーバーの操作パネルは、様々なプログラムが出ていますが、多くの格安サーバーは、そのパネルを利用することで、運営費用を抑えています。

ですが、エックスサーバーは、他のサーバー会社とも違いオリジナルの操作パネルを使用しています。
ユーザーフレンドリーといえば、ユーザーフレンドリーで月額単価が格安サーバーに比べ、多少高い感じはしますが、同等レベルのサーバーと比較すると、実は、かなりリーズナブル、かつ、高機能なサーバーです。

エックスサーバーの料金表


プラン名 初期費用 月額料金 お試し日数
X10 ¥3,000 ¥1,000 10
X20 ¥3,000 ¥2,000 10
X30 ¥3,000 ¥4,000 10








エックスサーバーの仕様

エックスサーバーの仕様は、基本的に無制限、MySQL(データベース)は、有限数ですが、一番下のプランでも50個使えます。

この50個が、何を意味するかといえば、ワードプレスなら最低50個設置できる。不足ならば、1つのデータベースに2~3個のワードプレスを設定することでほぼ無限大。
※ただし、1つのデータベースをいくつかのプログラムがつかうということは、処理がバッティングするのであまりにもアクセスが多くなった時、動きが遅くなる可能性がありますが、そうなったら、そのテーブルを他のデータベースへ移せばいいだけの話です。

要するに、データベースも含めて、ほぼ無制限に近い使い方ができるということです。

エックスサーバーは、個人でも個人事業主、中小企業、アフィリエイター、どちらの方でも、安定したホームページ設置環境を提供してくれます。

エックスサーバーのSSL,データベース等の諸元表


プラン名 容量(G) マルチドメイン サブドメイン 転送量 MySQL メール CGI CRON SSL FTP
X10 200 無制限 無制限 無制限 50 無制限 無制限
X20 300 無制限 無制限 無制限 70 無制限 無制限
X30 400 無制限 無制限 無制限 70 無制限 無制限








エックスサーバーの使用者スキル

サーバーの初心者でも大丈夫

エックスサーバーの用途

個人のホームページ
個人業主のホームページ
中小企業のホームページ
アフィリエイターのホームページ

エックスサーバーのホームページの作り方

ホームページ作成ソフトを使う
ワードプレスを使う

エックスサーバーの使い方

1台目のサーバーとして
2台目のサーバーとして
アフィリエイターの2台目のサーバーとして
IP分散用サーバーとして






エックスサーバーの口コミ/評判

YUKA963_yubisasubiz15202332-thumb-1000xauto-18912エックスサーバーのネット上の口コミや評判を閲覧しましたが、大袈裟な表現は少なく、満足度が高い印象を受けました。

エックスサーバーが、これだけのいい評判をもっているのは、その価格に有ると思います。

格安サーバーの中におくと若干高めの月額費用が、無謀な使い方をするユーザーを排除し、かつ、運営上も無理なく維持していけるということでしょうか?

おそらくすぐに返信をしなければならないという社内規約があると思われ、 サポートでいい加減な人に当たると、見当外れの返信が来ることがありました。 値段に比べ、安定していると思いますが、そのときのサポートのイメージが悪すぎて、移転を検討しています。


セキュリテイ対策や、接続速度には問題ないのですが、 メール関連のリソースの制限が厳しすぎて使えません。 IMAP接続が20~30程度で、サイトのページに500エラーが発生するようです。 きちんと調べて、契約すべきでした。


特に大きな不満はない。速度もそこそこ。サイト規模が小さいうちはこのまま行けそうな印象。


速いサーバーもあれば、遅いサーバーもあり、メールが問題ないのもあれば、不安定なのもあります。 共用サーバーなので仕方がないのですが、あまりにも個体差が多いような気がしています。
エックスサーバーのスパムメールの判定基準が厳しいのはいいと思いますが、迷惑メールのブラックリストの解除が遅すぎるので、メールが使えない日が多すぎる。早く対応をしてほしい。


レンタルサーバー比較.website より抜粋


エックスサーバーの再販、メルマガ配信、支払方法、wordpress簡単install、ドメイン料金


プラン名 再販 メルマガ 支払 WordPress 簡単install 初期ドメイン ドメイン継続料
X10 5 1500/h 15000/d CD,BK,CB ¥1,500 ¥1,500
X20 5
X30 5



初期ドメイン/ドメイン継続料は全プラン共通です。 CD:クレジットカード BK:銀行/郵便振込 CB:コンビニ決済 PY:ペイパル WM:ウェブマネー
メルマガ h:一時間当たりの配信数制限 d:一日の配信数制限 空欄は配信を許可していない
再販確認 http://www.xserver.ne.jp/manual/resale.php